不整脈|いでハートクリニック【大阪府吹田市の循環器内科、内科】

住所〒565-0873大阪府吹田市藤白台5丁目7番65号RYOー千里藤白台ビル202号
TEL,06-6835-8885
ヘッダー画像

不整脈

不整脈|いでハートクリニック【大阪府吹田市の循環器内科、内科】

不整脈とは

不整脈の病態

心臓は筋肉でできており、電気信号をもとにして規則正しく動いています。この電気信号の流れが乱れたり、遅くなったり、速くなったりしている状態が不整脈です。
電気信号の流れが乱れるものを期外収縮、遅くなっているものを徐脈、速くなっているものを頻脈と呼んでいます。

 

不整脈の症状

症状としては期外収縮では無症状、もしくは動悸や脈が飛ぶなどの症状として自覚することが多く、
頻脈では動悸や胸痛や息切れとして自覚することが多いですが、重症なものでは血圧が低下したり、脳への血流が不十分となりふらつきや失神を起こすこともあります。
徐脈に関しては心臓からの血液の供給が滞ることにより体のだるさやめまいの症状がでますが、重症のものでは頻脈と同様に血圧が低下したり、脳への血流が不十分となりふらつきや失神を起こすこともあります。

 

不整脈の検査

不整脈と聞くと心臓のことですし、命にかかわるのでは?と心配されるかもしれませんが、実際にはリスクが少ない不整脈から、命にかかわる危険な不整脈までさまざまです。
症状だけではリスクが大きいのか少ないのかの判断が難しい場合もありますので早めに受診をしていただき、ご本人の不整脈の診断することが重要です。

 

不整脈の診断

不整脈の診断には心電図を用います。ただ実際には自宅で動悸を感じているが、病院に来ているときには症状が治まっているケースもあります。こういった場合にはホルター心電図といって24時間装着型の心電図検査を行います。

 

不整脈の危険度の診断

不整脈の危険度を判定する際に運動負荷心電図検査を行うこともあります。また、不整脈がある場合には、心臓の機能に異常がないかを確認する目的で心臓超音波検査を行います。

 

不整脈の合併症の検査

その他、心不全という病態の合併を調べる目的で血液検査やレントゲン検査を行います。

 

不整脈の治療

治療に関しては診断や重症の程度によって大きく異なります。生活や療養の指導が中心となるものもあれば、抗不整脈というお薬の治療やカテーテルアブレーションというカテーテル治療、ペースメーカーや植え込み型除細動器の植え込み手術が必要となるものもあります。

 

不整脈の予防

予防については、不整脈の原因を考えていくことも重要です。心臓のご病気だけでなく肺のご病気や高血圧などの生活習慣病や甲状腺のご病気が原因になっていることもあります。こういった場合には原因となるご病気の治療を進めていただくことで不整脈が改善する場合もあります。

またご病気だけではなく喫煙やストレス、寝不足、過労、過度な飲酒、カフェインの過剰摂取などの生活習慣が原因となっていることもあります。こういった生活習慣を見直していき、ストレスをため込まず十分な睡眠をとることを心がけましょう。

PageTop