労作性狭心症|いでハートクリニック【大阪府吹田市の循環器内科、内科】

住所〒565-0873大阪府吹田市藤白台5丁目7番65号RYOー千里藤白台ビル202号
TEL,06-6835-8885
ヘッダー画像

労作性狭心症

労作性狭心症|いでハートクリニック【大阪府吹田市の循環器内科、内科】

労作性狭心症とは

 心臓の筋肉は冠動脈という心臓の周囲を走行する血管から酸素の供給を受けて働きを維持しています。

心臓の冠動脈が動脈硬化などによって狭くなると、心臓の筋肉に送られる血液量が低下し酸素が不足しやすくなります。平常時にはなんとかまかなうことができても運動時にはより多くの酸素が必要となり、心臓の筋肉が酸素不足となるとしめつけられるような痛みが生じます。これを労作性狭心症といいます。

 

 症状

 症状としては、
 ・階段を上ると胸が締めつけられるように痛くなる、
 ・重いものを持ち上げたり、坂道を歩いたりすると胸が痛み、休むと楽になる
といったものがあります。
痛みの種類としてはしめつけられる痛み(絞扼感)として訴えることもあれば胸の圧迫感と訴える場合もあり、前胸部、みぞおち、肩、首などに生じます。歯やのどが痛むケースも稀にあります。痛みは多くの場合、数分で改善しますが持続する場合には心筋梗塞に移行している可能性もあり早急な治療が必要になる場合もあります。

 

 検査

 検査としては、当院では患者様のリスクに応じて血液検査や心電図検査、運動負荷検査、心臓の超音波検査やCT検査などを行います。

血液検査:心筋梗塞の除外を行うとともに、狭心症のリスクとなる脂質異常症や糖尿病の有無の確認を行います。

心電図検査:心筋梗塞の波形がないかを確認し、心筋梗塞の除外を行います。また、不整脈で同様の訴えになる場合もあり、不整脈の有無の確認を行います。

運動負荷検査:運動に伴って症状が出る場合には、同程度の負荷をかけて心電図を確認し、心臓の筋肉の血流不足のサインが出ないか確認を行います。

心臓超音波検査:血流不足によって心臓の動きの低下がないか確認するほか、狭心症と似た症状を呈する他の病気がないか確認します。

心臓CT検査:実際の心臓の周りの血管(冠動脈といいます)の狭窄がないかを調べる検査です。直接的に冠動脈の状態を評価することができます。

 

 治療

 治療に関しましては従来は積極的にカテーテル治療(ステント治療)が行われてきましたが、現在は内科的治療が見直されるようになってきております。
内科的治療としては適切なお薬での治療、生活習慣の改善、運動療法(心臓リハビリテーション)を組み合わせて行います。運動療法に関しましては、過度の運動は狭心症の悪化を来す可能性もあり、医学的管理下で強度を調節しながら狭心症に最適な運動プログラムを組むことが有用であり、当院での管理下の運動療法をお勧めしています。

 

 狭心症を予防する上では狭心症の原因となっている動脈硬化を予防しなければいけません。動脈硬化の危険因子として「糖尿病」「高血圧」「脂質異常症」「喫煙」に加え、「精神的ストレス」も大きく影響しています。狭心症はより重症度の高い、心筋梗塞に移行する可能性もありますのでしっかりと治療を行うことが重要です。

PageTop