不整脈について|いでハートクリニック【大阪府吹田市の循環器内科、内科】

住所〒565-0873大阪府吹田市藤白台5丁目7番65号RYOー千里藤白台ビル202号
TEL,06-6835-8885
ヘッダー画像

医療コラム

不整脈について|いでハートクリニック【大阪府吹田市の循環器内科、内科】

不整脈について

不整脈は、脈拍が速くなったり、遅くなったり、途切れたりするような異常な状態にあることです。

不整脈には種類があります。

 

不整脈の種類

・頻脈性不整脈・・・心拍が速い

・徐脈性不整脈・・・心拍が遅い

・期外収縮不整脈・・・心拍が飛ぶ、抜ける

 

頻脈性不整脈

運動などで心拍が速くなる場合もありますが、病的な頻脈とは区別されます。病的な頻脈は、体が求めていないのに100/分以上の脈を打つ場合を言います。

症状としては、めまい、立ちくらみ、失神、息苦しさ、吐き気などがあります。

 

徐脈性不整脈

一般の方でも(特にスポーツマン)でも脈が50/分になることがありますが、病的な徐脈とは区別されます。病的な徐脈は、健康な方と違い、運動時、脈が速くならずしんどくなります。

症状としては、息切れ、足のむくみ、失神、めまいなどがあります。

 

期外収縮

異常な刺激によって心臓が本来の周期を外れて早く収縮する不整脈。

正常な脈動の間に時々不規則な脈動が現れます。自覚症状がない場合もあります。

症状としては、胸がつまる、心臓が大きくドキンと大きく動く、脈が一拍抜けるような感じがあるなどです。

 

頻脈性不整脈の中でも最も重症なのが、心室細動心房細動です。

 

心室細動とは・・?

心臓が速く鼓動し、リズムが乱れる。これが起こると、脳や肝臓など重要な臓器にも血液が行かなくなり、やがて心臓が完全に停止してしまうとても危険な状態のことです。

 

心房細動とは・・?

1分間に400600回の速さで心房が震えるように動く。心臓内の心房が異常な動きをし、心臓本来の動きができなくなる病気です。正常の脈拍に比較して脳梗塞になるリスクが高いです。

 

心室細動の原因は、40歳以上の中年~老年の方であれば心筋梗塞が最も多いとされています。遺伝的に不整脈が起きやすい体質であったりもします。

動悸などの症状は短期間で収まることが多く、見過ごすことがありますが、自己判断は危険です。

 

不整脈は必ずしも危ないとは限りませんが何もしていないのに関わらず突然に脈拍が速くなったり、遅くなったりするような場合は、迅速に診察を受ける必要があります。

PageTop