心不全とは|いでハートクリニック【大阪府吹田市の循環器内科、内科】

住所〒565-0873大阪府吹田市藤白台5丁目7番65号RYOー千里藤白台ビル202号
TEL,06-6835-8885
ヘッダー画像

医療コラム

心不全とは|いでハートクリニック【大阪府吹田市の循環器内科、内科】

心不全とは

 

 心臓は全身に血液を送り出すポンプとして365日休まずに働いています。心不全とは、『心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気』と定義されています。
“心臓が悪い” つまり、心臓という血液を全身に送り出すポンプの機能が何らかの原因で低下している状態をいいます。

 そうすると心臓は全身の臓器が必要とする血液を十分に送り出すことができなくなってしまいます。血液が全身にうまく回らなくなってくると心臓はなんとか血流を保とうとしてたくさんの血液をため込むようになります。そうすると肺の血管に血液がうっ滞し「息切れ」といった症状が現れるようになります。
 また、全身の血管の血液もうっ滞し下肢の「むくみ」が出現します。心不全はひとつの病気ではなく、様々な病気(心筋梗塞、弁膜症、心筋症などの心臓病)や高血圧などにより心臓に負担がかかった状態が最終的に至る『症候群』といえます。

 

 近年、とくにご高齢の患者様で心臓の収縮機能が保たれているのにも関わらず、心臓が広がりにくい(拡張機能不全)ことによる心不全が多いことがわかってきました。血液を送る力が衰え、静脈や肺、心臓などに血液が溜まりやすくなり、うっ血が起こりやすいのが特徴です。

 ご高齢の患者様の心不全では、自覚症状がはっきりと現れにくく、息切れなどの症状があっても


と見過ごしてしまいがちです。放置して重症化してしまい夜中に呼吸困難を起こして救急車で運ばれる患者様も少なくありません。

 高齢化の進行を反映して年々、心不全患者様は増加しています。「心不全パンデミック」ともいわれ、心不全になると命を落とす可能性が高く、急性心不全で入院した人の約6%が入院中に亡くなり、約22%1年以内に亡くなっています。また、約16%の人が心不全によって再入院するといわれています。
 心不全は根治することが難しく、ご高齢の患者様では心不全で入院すると入院前の状態に戻れず退院となるため入退院を繰り返しているうちにだんだん状態が悪くなる傾向にあります。そのため、心不全での再入院を予防することがとても大切です。

 

 

などと感じたら心不全を疑ってはやめに受診することが大切です。
必要な検査を受け、早期発見・治療介入をすることで心不全の悪化を予防することができます。

 もしかしたら自分も当てはまるかも?と思ったら迷わず相談してみてください。心不全に精通した専門の医師、スタッフが対応させていただきます。

PageTop