糖尿病|いでハートクリニック【大阪府吹田市の循環器内科、内科】

住所〒565-0873大阪府吹田市藤白台5丁目7番65号RYOー千里藤白台ビル202号
TEL,06-6835-8885
ヘッダー画像

糖尿病

糖尿病|いでハートクリニック【大阪府吹田市の循環器内科、内科】

糖尿病とは

 糖尿病とは、インスリンというホルモンの不足や十分に働かないために、血液中を流れるブドウ糖という糖(血糖)が増えてしまい慢性的に高血糖が続く病気です。
重症になると血液中の糖が尿にあふれ出ることで甘い匂いがするためその名がありますが、診断は尿糖だけでなく採血や空腹時血糖、75g経口ブドウ糖負荷試験といった検査によって診断されます。

 

 インスリンは膵臓から出るホルモンであり血糖を一定の範囲にコントロールする働きを担っています。糖尿病は2種類あり、1型糖尿病2型糖尿病があります。

 1型糖尿病はインスリン依存型とも呼ばれ、自己免疫疾患などが原因でインスリン分泌細胞が破壊されるもので、インスリンを自分で出せなくなってしまいます。

 一方で2型糖尿病はインスリン非依存型と呼ばれ、遺伝的要因に過食や運動不足などの生活習慣、加齢などが重なりインスリン抵抗性、インスリン分泌とも関係して血糖が上昇してしまいます。
また、妊娠糖尿病やすい臓がんなどの悪性腫瘍、甲状腺ホルモン異常などの内分泌疾患により糖尿病を発症することもあります。そのため、患者様がどのタイプの糖尿病かを検査し、治療を進めていく必要があります。

 多くの方は2型であり、日本では糖尿病の疑いがある人(可能性を否定できない人を含む)は成人の6人に1人、約1870万人にのぼります。

 

 糖尿病の恐さは自覚症状のないままに重篤な合併症を引き起こしてしまうことです。
病院で糖尿病だと診断されても、初期の段階では自覚症状はほとんどないため、そのまま治療しない人が多いのが現状です。しかし、放置しておくと数年から10年程度で様々な合併症を引き起こします。

 微小な血管の障害で引き起こされる網膜症腎不全神経障害3大合併症のほか、より大きい血管の動脈硬化が進行して狭心症心筋梗塞脳梗塞足壊疽などの合併症が起こるとされています。
 実際には、自覚症状の乏しい食後高血糖の時期から、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)を含めた血管死亡リスクが高くなることがわかってきました。
また近年では糖尿病が認知症と関係があることが明らかとなっています。

 

 症状

 糖尿病はかなり血糖値が高くなければ症状が現れにくいです。正常な人の場合、空腹時血糖は110mg/dl以下です。空腹時で126mg/dl、ブドウ糖負荷試験2時間値で200mg/dlを越えていれば糖尿病と診断されます。

 高血糖における初期症状は、
  ・喉が渇く、水をよく飲む
  ・尿の回数が増える
  ・体重が減る
  ・疲れやすくなる
などがあり、さらに高血糖が続くと
  ・昏睡(意識障害)
に至ることもあります。

 症状のないまま健康診断で糖尿病が判明する方もいれば上記の症状や下記のような合併症の症状が現れて糖尿病だと診断される方もいます。

 

▶︎合併症の症状

–  糖尿病性網膜症
 眼がかすむ、黒い点状のものがみえる、視力低下といった症状がみられます。
進行すると最悪失明することもあり、日本での中途失明原因第1位の緑内障に続き2番目に多い原因が糖尿病性網膜症です。

 

–  糖尿病性腎症
 初期症状はほとんど自覚症状がありません。
進行すると、むくみ・息切れ・胸苦しさ・食欲不振などの症状がみられます。高血糖が続くことで腎臓が傷んでしまい身体の調節機能が低下することで、最後には人工透析が必要になります。全国の新規透析導入患者様の約半数が糖尿病性腎症であり原因疾患の第1位です。また、ネフローゼ症候群の原因にもなり、むくみやたんぱく尿、体重増加がみられます。

 

–  糖尿病性神経障害
 神経は様々な働きをしているため障害された時の症状は様々です。足先のしびれや冷え、足の裏に紙が張り付いたような感覚、足がよくつる、指先の感覚がない、といった感覚異常や、立ち眩み、便秘や下痢といった消化器症状、尿が出にくい、勃起不全といった泌尿器症状などがみられます。

 

 治療

 糖尿病の治療は糖尿病の種類や進行具合によって違います。主に1型糖尿病ではインスリン注射。2型糖尿病は食事療法、運動療法、内服、場合によってはインスリン注射が必要になってきます。患者様の検査データ等をみながら最適な治療を行います。

 生活習慣の改善によって糖尿病を発症する手前で防ぐ1次予防、発症後に血糖値を良好にコントロールして健康に生活する2次予防、さらに合併症の発症を防ぐ3次予防がいずれも重要になってきます。

 糖尿病になったら必ず合併症が起こるわけではありません。適切な血糖コントロールでリスクを下げることができます。
正しい治療を続け、定期的な検査と診察を受けることが大切です。

 

 当院では糖尿病治療においてきわめて重要な指標であるHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)の検査機器を院内に配備しております。
そのため、当日の診察時に現在の糖尿病の治療状況をお伝えし、それを反映した療養の指導や治療の変更を行うことができます。

PageTop